AIR AIR編(前半)

アニメ・漫画・ゲーム感想 ~まー速報 ~ > スポンサー広告 > AIR AIR編(前半)> AIR > AIR AIR編(前半)

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

AIR AIR編(前半)

2015年06月27日(土)

母

今回は「AIR AIR編(前半)」、についてのレビューです。


AIR編では、AIR DREAM編の登場キャラに加え、一部新登場キャラが登場します


SUMMER編 登場人物 (画像はアニメ版含)


そらそら
観鈴に拾われた子供のカラス。神尾家に居つく。


橘 敬介橘 敬介
時折、神尾家を訪問する謎の男性。


AIR編ルート


AIR編前半はDREAM 観鈴を踏襲した内容です。


    異なる点
  • 主人公が「往人」⇒「そら」(視点変更)
  • DREAM編より少し前の話がある
  • 橘敬介の存在
  • 「観鈴」と「晴子」の描写

AIR編ネタバレ


「往人」=「そら」であり、「橘敬介」は観鈴の父親です。


「観鈴」と「晴子


AIR編では観鈴に対する晴子の真の気持ちが明らかになる。


一緒に暮らす内に情が芽生えてしまい、いつか実の親(橘敬介)に引き取られた時の悲しみを大きくしない為に、無理に距離を置いていたという真相が語られる。



「あの子、今、体の具合悪ぅしてるいうのに…うちはひとりで寿司食っとるんかいな…」
「いつおらんようになるか、わからんこと怯えて、どれだけ過ごしてきてるんや…」


晴子はこれ以上辛い思いをしたくない、観鈴をこれ以上悲しませたくないという思いから、観鈴を本当の自分の娘にすることを決心する。


DREAM編で温泉旅行に行くと言ったのは嘘で、観鈴の実家である橘家に観鈴を自分の娘にしてもらえるように談判、家の玄関の前で十日間も土下座を続けた。


二人での生活


晴子は観鈴の下へと戻ってきて、今までずっと1人にしてきたことを何度も何度も謝り、これからは2人で暮らしていこうと優しい笑顔を見せる。


自分の持つ病気(呪い…SUMMER編)の所為で往人を苦しめてしまった観鈴は、晴子まで苦しめたくないとその申し出を拒もうとするも、献身的な晴子の態度に心を動かされ、 2人で生きていくことを決心する。


共に歩んでいく晴子と観鈴の楽しげな生活風景、しかしこのような風景が一転します。


まとめ


ネタバレの部分でほとんど語ってしまったので、あまり話すことはありませんが、この後物語は佳境を迎えます。
次回は「AIR AIR編(後半)」について紹介したいと思います。


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

こんばんわ by モキエル

先ほどはコメントをいただきありがとうございます。
そちらがアメブロではないので読者登録ができないため、ブックマークの方にリンクを貼らせていただきました。

報告まで!

2015/06/27(土) 01:31:23

ありがとうございます by まーらいおん(管理者)

コメント&リンクありがとうございます。
私の方からもリンクを貼らせてもらいますね。

ではでは!

2015/06/27(土) 01:48:51
管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL:
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トラックバック

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。