アニメ・漫画・ゲーム感想 ~まー速報 ~

アニメ・漫画・ゲーム感想 ~まー速報 ~

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

AIR AIR編(後半)

2015年06月27日(土)

母と子

今回は「AIR AIR編(後半)」、についてのレビューです。


登場人物については、AIR DREAM編と、AIR編(前半)をご覧ください。



翼人の呪い


前回より晴子観鈴の楽しげな生活風景が展開されていましたが、観鈴が翼人の呪いにより、状況が一変します。


「ここ、どこ?…おばさん、誰?」


あれ程仲が良かった晴子を忘れてしまします。(記憶喪失)


母と子


しかしそれに、晴子は負けることなく、呪いにより晴子は歩けない観鈴のために車椅子を持ってきて、観鈴を外へ連れ出そうとする。しかし、断る観鈴。「一人で遊んでいるほうがいい」と言う。またいつもの、孤独な少女に戻ってしまいました。


そんなある日、何とかして車椅子で観鈴を連れ出した晴子。二人が海岸を歩いているとそこに観鈴の父親の橘敬介が、一旦は神尾家に預け続けると言った観鈴を家に戻そうとします。
晴子は当然大激怒しますが、観鈴が晴子を「おばさん」と呼んでいることがわかってしまう。これが、決定打となり、観鈴は引き取られてしまうことになる。


それでも、まだ負けずに晴子が観鈴のために尽くしますが、観鈴は好意を拒否し続ける。そんなある日、とうとう怒りの抑えられなくなった晴子は、こう言って車椅子の観鈴を置き去りにしてしまう。


「もう知らん!勝手にしぃ!」


観鈴は、苦しみと置き去りにされた悲しみの中で、倒れてしまう。晴子が戻ったとき、彼女の意識はなかった。落胆する晴子。夜、悲しみの夜、彼女は苦悩する、自分は母親に向かないのではと。自分は所詮母親代理に過ぎなかったのではと。


そして、橘家に、観鈴が引き取られる日が訪れた…啓輔に観鈴のお気に入りのものを手渡す晴子。悲しみを隠して。そして彼女は、海岸で観鈴を引き渡す事になったのだが。


しかし、いったい観鈴の心の中に何が起こったのだろうか?彼女は啓輔の手から離れ、おぼつかない足取りで、道の最後を歩き始めた。道の先、あるべき母、それは…


「ママぁぁぁぁぁ!!」 観鈴の、幼児のような声。


母と子

「観鈴…!!」 「そうや…うちがあんたのお母さんや…」


母と子

ついにたどり着いたのだ。母親と子供。ひとつのゴール。母親にとっては勝利。子供にとっては幸せ…。


ゴールっ!


こうして親子となった「観鈴」と「晴子」。しかし、「観鈴」の呪いはもう末期状態でした…


観鈴「ねぇ、お母さん。ちょっと先に行ってて欲しい。」
晴子「なんでや?なんかあるんか?」
観鈴「うん。”そら”も連れてって」
晴子「このくらいでええの?」
観鈴「うん、そこで待ってて。」
観鈴「お母さんはそこに立ってて。何があっても来たら駄目だよ。一人で頑張るの。」
観鈴「頑張ってそこまで歩いてみる。お母さんはゴールだから。」
晴子「ぅん、観鈴ここや。うちここやで。そうやゆっくりでええ。」
晴子「こうして頑張っていけばきっと元気になれる。一緒に頑張っていこな。な、観鈴。」
観鈴「もう、いいよね。」
観鈴「私、頑張ったよね。もうゴールしていいよね。」
観鈴「私、頑張ったから、もういいよね。休んでもいいよね。ぅっ・・・」
晴子「あんたまさか痛いんか。ほんまは痛かったんか。」
観鈴「動いちゃ駄目!」
晴子「嘘や・・・嘘やいうてや。これからはあんた元気になってくんやろ。悪い夢は終ったはずやろ。」
観鈴「ごめんねお母さん。でも私は全部やり終えることができたから。だからゴールするね。」
晴子「あかん観鈴。来たらあかん。ゴールしたらあかん。はじまったばっかりやんか。昨日やっとスタートきれたんやないか。」
晴子「これから美鈴と取り戻していくんや。うちらの幸せは始まったばっかりやんか。」
観鈴「ううん。全部した。もう十分なくらい。この夏に、一生分の楽しさが詰まってた。」
晴子「あかん、違う。うちたくさんしたいことあるんや。大好きな観鈴とたくさんしたいことあるんや。全部これからなんや。」
観鈴「もう一度だけ、頑張ろうって決めたこの夏休み。」
観鈴「往人(ユキト)さんと出会ったあの日から始まった夏休み。」
観鈴「色んなことがあったけど、辛かったり、苦しかったりしたけど、私、頑張って良かった。」
観鈴「私のゴールは、幸せと一緒だったから。」
観鈴「一人きりじゃなかったから。」
観鈴「だから、だからね、もうゴールするね。」
晴子「あかん、これからや。これからや言うてるやろ。」

観鈴「ごーる。」

母と子
観鈴「やっとたどり着いた。ずっと探してた場所。幸せな場所。ずっと、幸せな場所。」
晴子「そんなん嫌やーーっ!」
観鈴「(お母さん、ありがとう。)」
晴子「みすずぅー!」
(BGM:青空)
(ほとんどゲームの台詞を丸抜きになってしまったことをお詫び申し上げます。)

まとめ


残念ながら、観鈴は助かりませんでしたし、どう考えてもハッピーエンドではないと思います。これからを本当の親子として観鈴と過ごすことが出来なくなった晴子。普通なら幸せなはずがありません。個人的に観鈴と晴子がこれからも仲睦まじく暮らしていくような終わり方を望みました。(clannadの様な救いはありません…)


観鈴は確かに居なくなってしまった。しかし、観鈴は家族愛に触れ合うことが出来、晴子は家族愛を見つけることが出来た。それが"幸せ"だったのかと…



 【中古】【ゲーム PSP】AIR(PSP)【中古】afb

 【中古】【ゲーム PSP】AIR(PSP)【中古】afb
価格:1,512円(税込、送料別)



トラックバック
rinさん 樋上いたる画集 white clover ~Itaru Hinoue Art works~ 通常装丁版 レビュー


スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

AIR AIR編(前半)

2015年06月27日(土)

母

今回は「AIR AIR編(前半)」、についてのレビューです。


AIR編では、AIR DREAM編の登場キャラに加え、一部新登場キャラが登場します


SUMMER編 登場人物 (画像はアニメ版含)


そらそら
観鈴に拾われた子供のカラス。神尾家に居つく。


橘 敬介橘 敬介
時折、神尾家を訪問する謎の男性。


AIR編ルート


AIR編前半はDREAM 観鈴を踏襲した内容です。


    異なる点
  • 主人公が「往人」⇒「そら」(視点変更)
  • DREAM編より少し前の話がある
  • 橘敬介の存在
  • 「観鈴」と「晴子」の描写

AIR編ネタバレ


「往人」=「そら」であり、「橘敬介」は観鈴の父親です。


「観鈴」と「晴子


AIR編では観鈴に対する晴子の真の気持ちが明らかになる。


一緒に暮らす内に情が芽生えてしまい、いつか実の親(橘敬介)に引き取られた時の悲しみを大きくしない為に、無理に距離を置いていたという真相が語られる。



「あの子、今、体の具合悪ぅしてるいうのに…うちはひとりで寿司食っとるんかいな…」
「いつおらんようになるか、わからんこと怯えて、どれだけ過ごしてきてるんや…」


晴子はこれ以上辛い思いをしたくない、観鈴をこれ以上悲しませたくないという思いから、観鈴を本当の自分の娘にすることを決心する。


DREAM編で温泉旅行に行くと言ったのは嘘で、観鈴の実家である橘家に観鈴を自分の娘にしてもらえるように談判、家の玄関の前で十日間も土下座を続けた。


二人での生活


晴子は観鈴の下へと戻ってきて、今までずっと1人にしてきたことを何度も何度も謝り、これからは2人で暮らしていこうと優しい笑顔を見せる。


自分の持つ病気(呪い…SUMMER編)の所為で往人を苦しめてしまった観鈴は、晴子まで苦しめたくないとその申し出を拒もうとするも、献身的な晴子の態度に心を動かされ、 2人で生きていくことを決心する。


共に歩んでいく晴子と観鈴の楽しげな生活風景、しかしこのような風景が一転します。


まとめ


ネタバレの部分でほとんど語ってしまったので、あまり話すことはありませんが、この後物語は佳境を迎えます。
次回は「AIR AIR編(後半)」について紹介したいと思います。


このエントリーをはてなブックマークに追加

AIR SUMMER編 ~神奈と翼~

2015年06月24日(水)

神奈


今回は「AIR SUMMER編」、についてのレビューです。
SUMMER編では、DREAM編までに登場していないキャラで物語が進行します。


SUMMER編 登場人物 (画像はアニメ版含)



神奈備命神奈備命

両肩に巨大な翼を、先天的に受け継ぐ「翼人」の末裔。
1000年前に生きる最後の翼人であり、神の使いとして
崇められながらも囚われの身であった。
自分のことを「余」と呼ぶなど、独特な話し方をする。



裏葉裏葉

神奈備命の女官。普段はとてもマイペース。
おっとりしている様で、剣の達人である柳也に
気配を悟らせずに背後を取ることもできる。
主人思いで忠実な女官であるが、
主君たる神奈を玩んで楽しむことも。



柳也柳也

神奈備命の衛者で社殿の警備隊長。元浪人。
幼少期より己の力だけを頼りに修羅場を潜り抜けて
きており、実戦で培われたその剣技はかなりのもの。




SUMMER編ルート



いわゆる過去編にあたります。なぜ、観鈴は苦しんでいるのか、
どういう経緯で今に至るのかが語られています。
神奈は、警護という名の軟禁、畏敬の裏に隠された周囲の
悪意と恐怖心など、翼人としての哀しい運命と冷静に向き合って
生きていました。しかし、柳也と裏葉に出会い、物語は進んでいきます。



SUMMER編ネタバレ



神奈「空の少女」です。
神奈が他の社へ移送されることから柳也は陰謀(神奈に呪いをかける)を察知し、
裏葉と共に神奈を連れて社から脱出します。
しかし、死闘の末、神奈は捉えられ、呪いをかけられます。


神奈がかけられた呪い



  1. 人心と交わせないよう、人を近づけさせない呪い。

  2. 神奈の魂を、空に拘束する呪い。

  3. 神奈の心を打ち砕く呪い。




そして、神奈と柳也に同行した裏葉が、1000年後の物語の発端となります。
裏葉はなんとかして呪いを解こうと子孫に願いを託します。
この思いが往人へと受け継がれていったのですね。
(旅の目的は「空の少女」を助けることだったのです)
往人が人形を操れるのも裏葉の法力が弱まりながらも、
受け継がれているからですね。


まとめ


ネタバレの部分でほとんど語ってしまったので、
あまり話すことはありませんが、この物語が
「AIR」の根本となってきます。

最後に、「許すまじ 高野山!!」

次回は「AIR編(前半)」について紹介したいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

AIR 神尾観鈴編 ~どうしてそういうこと言うかなぁ~

2015年06月23日(火)

もうひとりの私がそこにいる。そんな気がして

今回は「AIR」メインヒロインの一人である、「神尾 観鈴」についてのレビューです。
観鈴やその他キャラの概要については、AIR DREAM編を参照下さい

観鈴編 登場人物


DREAM編の観鈴ルートには特別キャラは出てきません。

観鈴編ルート


DREAM編の3人のヒロインの中でもメインである観鈴ルートです。
ただ、DREAM編の「みすずちん」は打ち切りっぽいです。
後日解説しますが、ここだけ見ればはっきり言えばBADエンドです。

観鈴編ネタバレ


原因不明の病に冒された観鈴を往人が助けようとするが、
結局観鈴の前から姿を消します。

はっきりいってこれだけでは理解が難しいとおもいますが、
今回はこのように表現しておきます。

まとめ


DREAM編の観鈴ルートは言ってしまえば、前座です。
観鈴(「空の少女」)を助けようと努力するが、報われず終了。
このままでは終われない!→ SUMMER編へ!の流れになります。

直接本筋に関わるエピソードですが、違和感残りまくり。

ただ、一つだけ言っておきます。
晴子」さんを嫌いにならないでください!
そして、必ず最後まで(AIR編)までプレイして下さい。
そうすれば、見えてくるものがありますから…

最後にDREAMの観鈴はKanonの真琴に似ていると思うのは私だけではないだろう。

次回は「SUMMER編」について紹介したいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

AIR 遠野美凪編 ~お米券を進呈~

2015年06月22日(月)

飛べない翼に意味はあるのでしょうか

今回は「AIR」メインヒロインの一人である、「遠野美凪」についてのレビューです。
美凪やその他キャラの概要については、AIR DREAM編を参照下さい

美凪編 登場人物 (画像はアニメ版)



美凪の母親美凪の母親

美凪は母親。ハンバーグが得意料理。
ある出来事が原因により、心の病を患っている。




美凪編ルート


DREAM編の3人のヒロインのひとりであり、人気のキャラ。
シナリオの評価も非常に高く、DREAM編では最高との声も多い。
以下ネタバレばかりになってしまい、申し訳ありません。

美凪編ネタバレ


美凪編を語る上で欠かせないのが、「みちる」の存在だろう。

みちるの正体は美凪の母親が流産で亡くしてしまった美凪の妹であり、
美凪が『美凪』としての居場所を無くしてしまっているのを助けたいと思い、
空にいる少女の羽の力に触れることによって現世へと現れた存在である。

美凪「父がいなくなり悲しむ母が、『みちる』と私を呼ぶときだけは微笑んでくれた。
   私は、母の笑顔を見るために、『みちる』であり続けようと思った。」

  「気が付けば…、私は笑えなくなっていた。」
  
  「…私は…ここにいるはずのない人間ですから…」

人として存在を認めてもらえなくなると辛いことはないですよね。
そんな美凪を助けたい一心で、みちるは現れたんですね。

そして、この世に生まれてくることゆるして貰えなかったみちるの
最後の願いは、「お母さんに会いたい」ことでした。

そして、その願いは叶えられました。
みちると母
みちると母

そして願いを叶えたみちるとのお別れの時間がやってきます。

美凪「みちる、泣いてなんかない?」

みちる「うん、泣いてないよ」
みなぎとみちる
泣きながら笑顔作りながら、「笑ってばいばいして…」
そしてそのまま消えていく、AIR屈指のシーンです。
BGMの「銀色」とも相まって感泣きわまる場面ですね。

まとめ


ネタバレの部分でほとんど語ってしまったので、
あまり話すことはありませんが、人気が高いのも
頷けるエピソードだと思います。

直接本筋に関わらないエピソードなのは佳乃と同様ですが、
この点がマイナスになっていないのが、
「美凪とみちる」シナリオの特徴ですね。

最後にみちるがKanonのあゆに似ていると思うのは私だけではないだろう。
(ボクのこと忘れてください)

次回は「AIR 神尾観鈴編」について紹介したいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

まーらいおん

Author:まーらいおん
アラサーの会社員です。
趣味は漫画・ゲームや
アニメ鑑賞など。
(タイトルまんまですな)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。