アニメ・漫画・ゲーム感想 ~まー速報 ~

アニメ・漫画・ゲーム感想 ~まー速報 ~

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ラブひな~ラブひなとまほらばって似てない?~

2015年06月16日(火)

第4回目は「ラブひな」です。
作者は「赤松健」さんですね。

昨日紹介した「緋弾のアリア」の中で「ハーレム」タイプという単語が出てきましたが、
この作品は「ハーレム」タイプの金字塔と言っても過言ではないでしょう。

緋弾のアリアの作者とも意外な共通点があり、苗字が同じです。
作風も似てるので、「赤松中学」さんは、「赤松健」さんをインスペクトして、
「緋弾のアリア」を作ったのです。
kibayasi.jpg
(嘘です、すみません)

主人公の浦島 景太郎は、勉強は得意な方ではなかったが(偏差値48)、
三浪の末に東大合格を果たし、その後はお得意のモテモテコースまっしぐら。
幼馴染(なるor乙姫 むつみ)から、健気(前原 しのぶ)、強気(青山 素子)、
元気系(カオラ・スゥ)、果てには妹属性(浦島 可奈子)までよりどりみどり。
特に「浦島 可奈子」のブラコン属性は多くのファンを付けました。
kanako.jpg
人気ランキングも2位だったはず。(うろ覚え)

ただ、あくまでもメインヒロインは「成瀬川 なる」というスタンスは
変わりませんでした。回りまわって最後は…ですな。

当時(2002年頃)かなり人気があり、当然アニメ化もされましたが、
「なる」の声優が堀江由衣(ほっちゃん)で当時は湧きました。
その頃のほっちゃんは、大人しいキャラが多かったので、新鮮でした。

このような当時、一世を風靡した「ラブひな」について、
最後にどうしても言いたいことがあります。
「ラブひな」と「まほらば」って似てませんか?
当時何回も間違えました(私だけ?)
作風も近いし(まほらばは少しめぞん一刻を今風にした感じですかねえ)

ラブひな1巻はこちら(新装版です。原作1,2巻に該当)


なるのイメージCD(ほっちゃんと、ゆかり姫)

「まほらば」はこちら

スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ヤンデレクイーンとゆっきー♡ (未来日記)

2015年06月14日(日)

第2回目の感想は「未来日記」です。
作者は「えすのサカエ」さんですね。

この作品を語る上での注意点が1点あります。
ヒロイン兼、主人公の「我妻由乃(がさいゆの)」が
好きになれるかどうかです。(みねねファンの皆様すみません)
この由乃は一言で言ってしまえば、「ヤンデレ」です。
(School Daysの桂言葉やひぐらしのなく頃にの園崎詩音なども有名ですな)

ヤンデレとは
キャラクターの属性の一つ。『病み』と『デレ』の合成語。
誰かを慕うあまり精神を病むキャラクターへの萌え属性。
二律背反や葛藤の慢性化、独占欲の不充足等により、理性や良識、
常識が崩壊し凶行に至るキャラクターへの萌え属性を出自とする。

ゆのっちの恍惚のヤンデレポーズ   ヤンデレクイーン
houkotu_yandere.jpg  yanderequeen.jpg

このように人を選びそうなヒロインですが、気に入った人にはかなりのお勧めです。
作中でも想像通りの活躍をしてくれています。(ゆっきーの未来は由乃のものだよ♡)

あともう一人主人公がいるのですが、(というかこっちが本当の主人公)
この「天野雪輝(ゆっきー)」は一言でいえば、「ヘタレ」ですな。(ヒモでもok)
終盤近くまでは、とにかく由乃に嫌なことを押付け、自分は逃げてる印象を持つでしょう。
この点もSchool Daysの主人公 伊藤 誠に類似していますな (誠ry)
ただ、終盤はしっかりしてきますし、彼のおかげで由乃が際立つといっても良いでしょう。

作品としても、由乃の強烈なキャラクター性に押されていますが、
最後の結末を最初からしっかりとプロットして作られた作品で面白いです。
強烈なネタバレになるので、ここでは語れませんが、一度見てみてください。

「あなたは未来日記を買うよ、だってそういう未来だもの」

とりあえず、1巻だけ読もうという方
(電子書籍ですが、初めての方は1冊無料)


全巻セットはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加

幽☆遊☆白書と愉快な外道たち

2015年06月13日(土)

記念すべき第1回目の感想は「幽☆遊☆白書」です。
幽☆遊☆白書の作者と言えば、かの有名な「冨樫義博」さんですが、
「HUNTER×HUNTER」が有名ですね。(冨樫仕事しろ)
その2つ前の作品になります。(1つ前のレベルEも私は好きです)

さて、「幽☆遊☆白書」ですが、この作品には様々な魅力ある敵キャラが登場します。
今日はこの敵キャラについて紹介していきます。
戸愚呂弟?仙水?雷禅?いいえ、今回は吏将(りしょう)です。

吏将?誰やねんそれという声が聞こえてきそうですが、解説していきます。
吏将とは魔性使いチーム(陣や凍矢がいるチーム)の大将を務める偉大な人物です。
土の鎧を身に纏う「修羅念土闘衣(しゅらねんどとうい)」を使用し、
必殺技は突進力を生かした「ボンバータックル」を武器に戦います。

偉大なる吏将  ボンバータックル
      偉大なる吏将        ボンバータックル   

はっきりいって、土属性ってだけでもお察し感(ヤムチャ臭)が漂いますが、
そこはあなたが実際にご覧になってください。決して陣や凍矢と比較しないように!

我らが吏将の活躍が見れる9巻はこちらから。

幽☆遊☆白書 9

幽☆遊☆白書 9
価格:421円(税込、送料別)



面白い作品なので、全巻という方はこちらから。


このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

まーらいおん

Author:まーらいおん
アラサーの会社員です。
趣味は漫画・ゲームや
アニメ鑑賞など。
(タイトルまんまですな)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。